壁や床を傷つけないためのポイントとは?

原状回復ができる程度にしておく

毎日の暮らしをより楽しくするためには、部屋が好みに合うことも大事です。模様替えやDIYを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。持ち家なら、自由にDIYを楽しむことができますが、賃貸となると注意が必要です。賃貸は将来の退去も考えてトラブルのないようにしておくことが大切です、壁や床に大きな傷がつくと原状回復に多くの費用が発生する可能性があります。ピンや画びょうによる傷は、オーナー負担になることがほとんどですが、釘やねじを使うことで生じた傷は入居者の負担になる可能性が高いといえます。それゆえ、DIYをする場合も、釘やねじを使わない方法を選ぶことが大切です。作業中に騒音が発生すると、それもトラブルにつながるので、できるだけ音を立てない工夫も考えていきたいところです。

手軽にできる方法を見つけよう

賃貸のでDIYは、できるだけ傷をつけないこと、そして作業も撤去も簡単にできることが大切です。まず、床の場合は、カーペットを敷くだけでもかなり雰囲気が変わります。和室の部屋が多い場合も、フローリングカーペットを敷けば洋室のように使うこともできます。この場合は、ただ敷くだけなので、特に道具も必要ありません。サイズが合わないときれいに敷くことができないので、部屋のサイズに合うものを選びましょう。壁には棚があると収納性もアップし、良いインテリアのアクセントにもなります。とはいえ、釘を打ってしまうと壁には傷がついてしまいます。棚も、ホッチキスで設置できるものもあり、これなら、作業も簡単に済みますし大きな傷がつく心配もありません。突っ張り棒やラックなどもうまく活用すれば、壁を傷つけずに収納力を上げることもできます。