傷をつけたり穴をあけたら退去時にその費用を請求されるかも!

退去する時は原状回復するのが基本!

賃貸物件は退去する時に原状回復しておくのが基本です。契約書などを見れば分かると思いますが、多くの物件に原状回復義務というのがあり、部屋を元の状態に戻して返却する必要があります。部屋を自分が使いやすいようにDIYする時、壁に穴を開けるようなケースも出てくるでしょう。もし壁に穴を開けてしまったら、退去時にはその穴を塞がなければならないということです。

傷や穴を修復するのにはある程度の費用がかかるので、DIYを考えている人は注意しなければなりません。契約時に敷金を払っているのであれば、そこから修復費用などが差し引かれますが、もし敷金で足りない場合は追加で費用を請求される可能性もあります。DIYをする時は、原状回復のことも考えておきましょう。

DIY可能な物件を探してみるのもおすすめ!

退去時には原状回復するのが基本ですが、中には原状回復義務がない物件もあります。DIYが流行っているということもあり、DIY可能な物件も増えています。DIY可能な物件は、退去時に原状回復しなくてよい場合があります。これなら、気軽にDIYできるので良いですよね。物件サイトなどでも、条件に「DIY可」という項目があり、簡単にDIY可能な物件を探せるようになっているので、気になる方は一度検索してみてください。

ただし、DIY可能物件だからといって、好き勝手に改造しても良いわけではありません。防音や断熱性のことを考えて、傷をつけてはいけない壁などもあるので、事前に確認しておく必要があります。そういう場合は、突っ張り棒など穴を開ける必要のないアイテムを活用しましょう。

札幌北区の賃貸では駐車場完備の物件も多く、物件によっては駐車場代が無料のところもありますので自家用車を持っている人にはおすすめです。